« 地鎮祭の鯛はどうなった? | トップページ | 雨漏り跡発見! »

2009.06.21

解体工事進行中

私が更新をさぼっているせいで、少し実際の進行からレポートが遅れ気味ですが・・・。
解体工事は着々と進行中です。

建築のプロがこんなことを言っていいのかどうか分かりませんが、建物の広さに関しての印象って、プロジェクトの進行段階によって刻々と変わっていきます。

お前にはきちんとしたスケール感がないのか?と問われたらその通りなのかもしれませんが・・・。プロでも「思っていたより広かった」とか「狭かった」というのはよくある話だと思うのですが・・・。私だけなんだろうか?どうでしょ?ほかのプロの皆さんのご意見も聞いてみたいものです。

といっても分かりにくいですよね。簡単に説明すると、私が計画時に図面を使ってイメージしている建物の大きさというのが私の脳内にあって、それと実際に現場に立った時の印象との差というのが必ず発生します。直感的にいえば、どんなに経験が豊かなプロでもこのずれは発生しているはず。(みっともないから言わないけどね)

例えば新築工事の時、私の場合、計画図面と敷地や建物の大きさ・広さに対する印象のずれは、たいがい次のように変わって行きます。

□初めての敷地  図面よりかなり狭く感じる
□軸組完成時  図面より広く感じる
□下地の完成時   図面より狭く感じる
□仕上げ完成時  だいたいイメージ通りか、ちょっと狭いかな

不思議なもので、仕上げがあるのかないのか、軸組だけなのかそうでないのかによって、建物の広さに関する印象ってかなり変わります。まあ、もちろんそれにはそれなりの理由があるのですが・・・。

さて、話をもとに戻して、わが家の進捗状況はこんな感じ。

Kaitai01

Kaitai02

全貌が見えた感じですね。私の印象としては「おお、結構小さいな・・・」って感じでした。新築工事ならば軸組完成時にあたる段階で、たいてい「ああ、思ってたより広かったな」と思うはずの段階ですが・・・。完成形から解体した状態なので感じ方が違うのかも知れませんね。

解体された状態をいろいろと見ていて、かなり大きな発見をいろいろしてきたのですが、それは次回以降のお楽しみにしましょう。(だんだん盛り上がってきましたね)

|

« 地鎮祭の鯛はどうなった? | トップページ | 雨漏り跡発見! »

進捗状況」カテゴリの記事

コメント

基礎打設、型枠バラシの状態が一番小さく見えます。
その前の地鎮祭、縄張りあたりが一番幻滅するときです。
ついでにいうと、解体前とかの引っ越し作業の時が、
「こんな狭い家になんでこれだけ入っているんだろう」と驚く時です。

投稿: ちはる | 2009.06.21 12:45

アレの件( ̄ー ̄)ニヤリ了解しました。
御案内お待ちしています♪
このコメントにアドレス入れておきますので。
確認頻度が低いので返信遅れは御了承願います(^-^;

ちょっと前に間仕切り総とっぱらいでのリフォームをやっていたんですが、あさみ邸と同じような感じです。

間取りも変えられると思いますけど印象が変わっていくのも楽しみの一つですよね。

完成したときに「想像より広かった」となるのが一番の理想なのかもしれませんね~(*´Д`*)

投稿: ひろき | 2009.06.21 21:08

先日ちはるさんの現場に二度目行ったら広くなった印象でした♪
大きさ・広さに対する印象のずれの話、面白いですね。
感覚としてズレることの方がリアルという、、その辺の時差ズレ意識はキュビスムの画家たち(コルビュジエ含む)が作品に取り込んでたとも言えるのかも?

ちなみに
□初めての敷地  図面よりかなり狭く感じる
とのことですが、三鷹の実家を解体して更地になったときには
えらい広々としたところにあったんだな〜という風に見えました。

投稿: m-louis | 2009.06.22 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26464/45403730

この記事へのトラックバック一覧です: 解体工事進行中:

« 地鎮祭の鯛はどうなった? | トップページ | 雨漏り跡発見! »