« 大塚工務店での打合せ(0721) | トップページ | 土間CON下の砕石敷(0729) »

2009.07.25

床下の土間をどうするか(0725)

実はこの建物、床下の土間が周囲の地面よりも低いところがありました。建物のすぐ近くまで山が迫っていることもあって、雨の多い日などには、床下に湿気が入り込んでいるようです。

0066

床下の換気口はこのようにきちんとあいているのですが、建物の一番東側ではこんなことになっています。

0067

これを内側からみると

0045

こんな感じ。もうちょっと拡大してみると

0048

あらら、明らかに外部が高くて、内部の土間が低くなっています。しかもどうやら、外側の土間の部分は、かつてはもっと低かったところを、あとから高くしているようです。これでは床下換気口のつもりが、外部から雨水を呼び込む装置として働いているといっても過言ではありません。
このせいで、東側の和室の床板はかなり傷んでいて、床が沈んでいるところもありました。土間の湿気をどうするか、ちょっと真剣に考えなくてはなりません。床下の換気はしたいものの、雨水を呼び込む構造はよろしくない。

このまま、また同じように床板を張ると、同じように床板(とそれを支える根太(ねだ))が傷んでくる可能性があります。なんとか雨水の侵入を食い止めると同時に、湿気をシャットアウトしたいものです。

そこで、ちょっとお金はかかりますが、屋内の土が出ている部分に防湿フィルムを敷いてその上にコンクリートを打つことで、完全に湿気をシャットアウトするするのがよいだろうという結論に達しました。

当初から想定していた話ではないので、工事金額が増額になりますが、建物の将来を考えたら仕方ないでしょう。基本的に私は、普段外から見えないところには、十分お金をかけて配慮しておくべきと考えています。いいかげんにしておくと、見えないところなだけに、あとで何が起きるか分かりませんからね。

まあ、このコンクリート打設が、後になかなかの難問となるわけですが。(次回に続く)

|

« 大塚工務店での打合せ(0721) | トップページ | 土間CON下の砕石敷(0729) »

問題点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床下の土間をどうするか(0725):

« 大塚工務店での打合せ(0721) | トップページ | 土間CON下の砕石敷(0729) »