« 009.牛を育てていたらしい | トップページ | 011.お隣さん・ご近所 1 »

2010/10/22

010.こんにちは

【2010年7月14日】

いやいや、「牛」に挨拶をした(→ひとつ前の記事)だけではありません!
この日、実山地区の「人」ともお会いでき、挨拶をしました。

こんにちは。
‥実山の区長さん、この日お留守でした。

こんにちは。
‥ひでおさん、という方と会いました。長い間但馬を離れてお仕事をされていたのですが、定年後、去年より実山のご実家へ戻ってこられているそうです。実山地区での平均年齢を考えると、ひでおさんは「若手」になるのだ、とおっしゃっていました。実際、精力的に作業に出たり、講習を受けに行ったりされている様子でした。

(講習→ 八鹿にて。アドバイザー講習。豊岡農林の方がお世話してくださる。)

こんにちは。
‥たかしさん、という方と会いました。家に植木(花)がたくさんありました。犬を連れてらっしゃいました。林業研究会での発表、というものを控えてらっしゃるそうです。「そうか、君も大阪から来たのか。」「去年稲刈りに来てくれた大阪の若いお姉ちゃんとは、正月までやりとりしたよ。」などなどのお話。

私と一緒にいた浅見氏は、2年前より(集落アドバイザーとして)、実山の方々との接触をもっているらしく、すでにこの地での出来事や事情にも通じてらっしゃる様子。私ひとりがバッタンバッタンしているのを別にすれば、会話がするるるーっと転がってゆき、とても心地がよかったです。

さて、実山地区では、おもに農家の方々が、サルによる食害に悩まされているということなのですが、その対策として、畑に電気柵の囲いをするという作業をしてはどうか、ということになり、都市部の人間をボランティアとして招き、「獣害レンジャー」という組織をなして、その作業にあたってもらっている、とのことでした。

私が引っ越す予定が7月の月末で、今年の獣害レンジャーの出動が、8月1日だとのことだったので、どうやらその時が、私の初作業となりそう。

そのこと(獣害レンジャー出動予定日・私の参加)をひでおさんへ伝えると、その前日7月31日が、小代の夏祭りだ、ということを教えてもらいました。なるほど! 獣害レンジャーは、遠くからのかけつけであり、朝早くからの作業でもあるので、前泊してスタンバイして動く予定のものなのですが、前夜から乗り込むメリットは、そちら(夏祭りをみれること)にもあったのでしょう。

ひでおさんは、作業の帰りらしく、長靴をはいていたので、長靴を見せてもらいました。農作業用に自分も1足持っていたほうが便利だろうな、と思いました。

最後に、このあたりに住んでいて、海産物を手に入れよう、と思ったら、どうすればよいかをひでおさんに尋ねてみました。私の知人には、海産物の好きなひとが多いのです。(前に、香美町、というと、香住のカニを思い浮かべるひとが何人もいた、ということを書きましたね。) 将来、遊びに来てもらうことがあるかもしれない、との思いから。

答えは意外で、「浜坂まで出て行って買う」とのことでした。あるいは、もう少し近所で探すのであれば、入江のところに宿院(しゅくいん)という鮮魚を扱う販売店がある、とのお話でした。

さて、私はまだ車の練習中です。実山には、坂道が多いということを知りました。坂道発進でGo! ‥7月末までに乗れるようにならなくちゃ。。

Mg0430
実山では、一歩歩けば、(植えられた)花にあたります。‥ほんまにですよ!

[ ☆ この記事をアップロードしている10月22日、小代区の中心街の小売店「チコマート」において、カニがいくつも並んで売られているのをみました。やーやー。≫ こんにちは。≫ こんにちは。‥鳥取から来たカニガニかな。] [ ああぁxx 結局、人間以外のものへ向けた挨拶でしめくくってしまった。]

|

« 009.牛を育てていたらしい | トップページ | 011.お隣さん・ご近所 1 »

02. 日々の活動」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
養父市八鹿町八木で同じくサポーターしています、初田といいます。
あさみさんから、教えてもらいここに来ました。
また、実山に遊びにいきますのでその時はよろしくおねがいします。
あと、最近ブログも立ち上げましたのでお暇ならご覧下さい。
「やぶろぐ」
http://yabu-life.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: はっちゃん | 2010/10/23 08:39

≫ 初田さん
こんにちは。
コメントどうもありがとうございます!

サポーターとしての情報交換や、あれやこれやのお話もできるとよいですね。
八鹿へはときどき行っておりますよ。
ぜひぜひ、実山へも遊びにお越しくださいませ。

(お会いする前より、話題にすることを少しためらいましたが↓)
じつは、「八木」という地名は、いまや私にとってはちょっとした「魔物」でして、平家の落ち武者「朝倉高清氏」の一族が繰り広げる歴史絵巻(の想像)のなかに自分をひきずりこむ魅惑的なスイッチのようなものです。(仕事中に、むやみにおしてはいけない!)「八木」は、実山でも有名です。また機会がありましたらお話しますね。

‥いやいえ、大丈夫です。初田さんとお会いできる頃には、現実の八木と向かい合う準備が私のなかでできていることと思います。

「やぶろぐ」へもお邪魔しますね。
どうぞよろしくお願いします!

投稿: いのり | 2010/10/23 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26464/49817461

この記事へのトラックバック一覧です: 010.こんにちは:

« 009.牛を育てていたらしい | トップページ | 011.お隣さん・ご近所 1 »