« ≫ 雪景色 (1st edition) | トップページ | ≫ 実山のこと »

2011/01/02

≫ 謹賀新年

あけましておめでとうございます。
正月、元旦と2日は、実山で過ごしました。
Nads5932

Nads5934
年末のあいだに、ふだんは遠くへ出られている、娘さんや息子さん、お孫さんたちが、ぞくぞくと帰省されていたようで、非常ににぎやかになっていた実山。

Nads59381
雪の中で、そりなどを使いつつ遊ぶ子供たちの姿がたくさん見られました。

きくおさんのお宅へ、ひろもとさんと一緒にお邪魔しました。
「家々で、こんな風に正月を過ごしている」というのを、かいまみることができるのは、よい経験になるだろう、とひろもとさん。きゅうにお邪魔したのに迎えてくださり、ありがとうございました、かずこさん。その後、ひろもとさんのお宅へもお邪魔しました。お孫さんのせいたくん・ひろとくんが、遊んでくれました。都会に住んでいるお孫さんも遊びに来ていました。ちづこさん、ゆきこさん、ありがとうございます。

**
大晦日に降った大雪で、一部で交通に支障のでたところがあったらしいものの、昔からよく大雪の降る小代では、皆さんぜんぜん平気な様子。道路も、十分な対策がとられていたり、その都度の除雪車による作業があったりで、とりたてて「非常事態」ということにはなっていないようでした。

ただ、もう、歩くときに、長靴の高さより深く雪のなかに沈んでしまうようなところが増えてきました。家の外にでるための通路の確保をしたり、もろもろの道を開けたり、といった作業が、日々のルーティンワークのなかに追加されることになりました。、
**

|

« ≫ 雪景色 (1st edition) | トップページ | ≫ 実山のこと »

06. 来んさった。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26464/50517703

この記事へのトラックバック一覧です: ≫ 謹賀新年:

« ≫ 雪景色 (1st edition) | トップページ | ≫ 実山のこと »